マンション管理に必要な管理会社や、一括見積サイトの情報をまとめました。

マンション管理に関するお役立ち情報サイト

マンション管理に関するお役立ち情報サイト TOP

経営者が冒す5つの間違いをチェック

近年は、老朽化したマンションの運営や管理で悩んでいる管理組合が多いようです。築年数が長くなると、マンションが老朽化してさまざまな問題が生じてきます。管理会社に依頼しないで自主管理をしていると、管理組合員だけで問題を処理することになったり、会計の収入や支出などでトラブルを起こすことがあります。

居住者同士の付き合いや生活面でのトラブルを解決することも難しくなるので、マンション管理は、専門の管理会社に依頼した方がいいでしょう。特に老朽化したマンションの定期修繕や大規模修繕に関しては、マンション管理士などのアドバイスを受けた方が安心ではないでしょうか。

賃貸マンションの場合は、居住者にとっても、きちんとした運営会社が管理している方が信頼性も高くなります。何かトラブルが生じてもマンションの管理会社が仲介してくれるので、公平な解決法をアドバイスしてくれるでしょう。

マンション管理は、ハード面だけでなくソフト面でもケアが必要ですから、新築年から最適な管理運営をスタートさせることが大切ではないでしょうか。分譲マンションと賃貸マンションでは、管理運営方法が違いますが、マンションの老朽化を考えた場合、定期的な維持・管理の企画や現地調査をしてくれるので、信頼できるマンション運営会社に管理を依頼した方が安心でしょう。


老朽化したマンションの管理

マンションの築年数が10年を超えると、老朽化したマンションの定期修繕や大規模修繕が必要になります。特に分譲マンションの場合は、マンションを所持する組合員で作る管理組合の役割が重要になります。


マンション管理を管理会社に依頼している場合は、マンション管理士のアドバイスを受けながら、修繕の有無をチェックしますが、管理会社に依頼していない自主管理の場合は、自己チェックをするか、専門家に依頼して修繕の有無を調べてもらう必要があります。

老朽化したマンションは耐震性が低いことも指摘されているので、詳しく調べてもらう必要があります。このように、老朽化したマンションは、賃貸マンションか分譲マンションかに関わらず、定期修繕や大規模修繕をすることになります。

マンションの管理が行き届いていない場合は、建物の解体や建て替えになる場合もあります。建物の耐久年数にもよりますが、建築から10年以上のマンションは、定期的な調査や定期修繕をしておくことが大切です。

マンション運営会社に依頼しておけば、定期的にマンションの維持や修繕の企画書を作ってもらえますし、現地調査も行ってもらえるので安心ではないでしょうか。


管理会社の業務

管理組合を作ってマンションを自主管理するのは、かなり大変な仕事になります。特に老朽化したマンションは、大規模修繕を行う必要があるので、管理会社に依頼した方が安心ではないでしょうか。


管理会社の仕事内容を確認してから依頼しないと、トラブルの原因になるので注意が必要です。まず、管理事務業務、管理員業務、清掃業務、建物・設備管理業務などが、マンション管理会社の主な仕事になります。

特に管理事務業務では、会計の収入、支出の調定、出納、マンションの維持・修繕に関する企画、実施の調整などを行うことになっています。実際にマンションの管理会社を選ぶ時は、信頼性が高く、マンション管理の実績がある運営会社を選びましょう。

国土交通省への登録や業界団体への加盟がされているかどうかを確認します。さらに、マンション管理士などの資格者がいるかどうか、調べておきましょう。近辺に管理運営している物件があれば、見学に行った方が安心です。

インターネットサイトの比較ランキングや口コミサイトをチェックする方法もあります。マンションの管理を依頼する場合は、管理会社の営業所があまり遠くにあると、緊急の対応が難しくなります。近辺に営業所があるかどうかも需要なポイントになります。

 


トップページ